職務経歴書の重要性

これまでの経験をアピールできる

肩書きだけでは自己PR不足! 正しい職務経歴書の考え方。

転職時の職務経歴書。その名の通り、職務の経歴を記載する書面ですが、自己PRも兼ねています。もちろん、自己PRの欄があるもののありますが、職務経歴書はそれ自体、全体が自己PRを兼ねていると考えてください。よく、職務経歴書に淡々と過去の肩書きを羅列する方がいます。しかも、社内での役職名や部署名なので、実際にどんなことをやってきて、一体どんなスキルがあるのか全く分からないものまであります。こうなると、採用側はお手上げです。あなたがどんなことができる方なのか、分からなければ、雇うはずもありません。殊、職務経歴書は転職先とあなたとの、最初の接点です。そこに表現されている内容は、あなた自身です。いわば、分身であり、その第一印象が悪ければ、到底面接やそのあとにつながるはずもありません。形式的な職務経歴書ではなく、相手にとって意味のある職務経歴書を記載しましょう。

採用の第一関門です

自己PRのための職務経歴書の作成

また、外での仕事を探したいと思っています。私は、もうすでに10年以上仕事をせず、主婦業を専念しているのでたくさん不安があります。しかし、不安がって行動しないのは嫌なのでしっかり前へ進んで探したいと思っています。とりあえず求人サイトなどをみて自分自身にあったところを色々調べているところです。そして次にするべきことは自己PRに大切な食雨経歴書の作成でしょう。やはり職務経歴書は重要性が高いといえると思います。採用の第一関門ともいえます。ですから、その書き方もどういったのがいいのか勉強しつつ勉強しています。字があまりきれいでないコトがツライところですが、丁寧に書くように心がけています。子どもにはぜひとも習字を習わせておこうと思う瞬間でもあります。そして不採用を怖がらずどんどんと応募したいと思っています。

プレゼン能力が見られています

職務経歴書での自己PRでプレゼン能力を認めるときは

プレゼン能力があるか否かを書類上から判断できると聞くのが、職務経歴書での自己PRです。これについては面接の場でもかなり聞かれることが多く、自分がいかに意欲的に就職活動に臨んでいるか、自らが考えていることを他者に効率的に伝える術を持っているかについてもイメージできる要素があります。そこから得られるものの詳細を追っていくだけで、多くの面が見えてくるのはこの手の書類の特徴でもあり、採用担当者はきちんとした面を見極めた上でその内容を見ていくことができるようになります。ネットでそれを見ていくことも今では可能になっており、この書類のどこに何を書き、それを担当者が見てどう思うかまでを読めるようになると一人前だと聞きました。これに関しては読み取る要素が大きく、自分らしさがはっきりとしてくるのでプラスの要素が多いです。

ページの先頭へ